幼児に適切な飲み物とは

LINEで送る

幼児の飲み物幼児の飲み物は生後6ヵ月を過ぎると母乳だけではなく、幅が広がっていきます。
幼児は大人に比べて体内の水分量が多く体重の約70~80%が水分です。
さらに新陳代謝が活発で汗をよくかき、尿としてたくさんの水分が排出されてしまいます。
その為、幼児の水分補給はとても大切なのです。

水分補給のタイミングは
・お風呂上り
・遊びの前後、途中
・お昼寝から起きた時
・汗をかいてる時

幼児は「喉が渇いた」とは言えないのでタイミングを見てこまめな水分補給を心がけてあげましょう。

幼児の飲み物で気を付けること

しかし、幼児の飲み物は大人と同じものをあげるのはいけません。
一般の果汁ジュースやイオン飲料は糖質や塩分が多いものや、


カフェインやタンニンが含まれるウーロン茶、緑茶、ほうじ茶、
糖分や浸透圧が高い、果汁100%ジュースや乳酸菌飲料、一般向けのイオン飲料などは控えるよう心がけましょう。

これらは幼児の未熟な腎臓に負担をかけてしまいます。
また、母乳を通してお母さんが摂取した栄養を取っているので、直接与えることによりアレルギーを引き起こす原因にもなります。

最近は、生後6ヵ月から飲める幼児用飲み物という、りんごやぶどうオレンジなどのジュースや1日分の緑黄色野菜などもあるので
それらを飲ませてあげるのがいいでしょう。

虫歯について

同時に生後6ヶ月を過ぎてくると、歯が生え始めます。
そうなると心配なのは虫歯ですよね。
離乳食後にお茶を飲ませると、食べ物の残りかすを洗い流してくれる効果もあり、またお茶の成分が虫歯を予防してくれます。
ここでも、ノンカフェインのお茶にするようにしましょう。
最初はお茶や湯冷まし、幼児用飲み物などをスプーン1杯程度から始め母乳以外の飲み物に慣れさせてあげることが大切です。

そして体に良いので牛乳を!と飲ませる方がいるかもしれませんが幼児の飲み物に牛乳は適切ではありません。
1歳未満の幼児に牛乳を与えると鉄不足になる恐れがあります。
母乳や育児ミルクも牛乳と同じ様に見えますが、実は違うのです。
牛乳にはカルシウム、リンが多く含まれますがこれが鉄と不溶性の複合物を作り、鉄が腸から吸収されるのを阻害してしまいます。

幼児の体は非常にデリケートです。
大人の基準に合わせず、幼児に合った飲み物を見つけてあげることが大切です。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page