幼児のおやつは4回目の食事

LINEで送る

幼児のおやつこの時期からめざましく成長していく子供たちにとって
エネルギーや栄養素の補給は大変重要です。

ただ、一度で多くの量を取ることが出来ず消化吸収も未熟なため
1日3回の食事だけでは補えません。そこで4回目の食事として「おやつ」の存在があるのです。

 

 

■おやつの役割

【栄養面】
食事では摂取しきれない分のエネルギーや栄養素の補給
【精神面】
食事とは異なった食べ物を食すことの楽しさを味わい、気分転換の時間とする
【しつけ面】

食習慣である手洗いや挨拶のマナーや食べ方などを身につける

 

●おやつの例

「おやつ」だからといって甘いデザートやお菓子のことだけではありません。
食事の一部として考え選択していきましょう。
【GOOD】
・おにぎりなどの米類、りんごやバナナなどの果物
・さつまいも、とうもろこしなどの穀類、イモ類、豆類
・牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品
【NG】
・ドロップ、キャラメル、ガムなどのほとんどが砂糖とよべる糖分が多いもの
・チョコレートやビスケット、クッキーなど食べた後も歯につき食べかすが取れにくいもの

 

●注意ポイント

・食事と同じように食卓にきちんとついて食べる習慣をつける(ながら食べをさせない)
・食べる前に手洗いをし、感謝の気持ちを込めた挨拶をさせる
・おやつを与えることで子供の機嫌をとらない(構ってあげる時間の無さからおやつに頼る)
・子供が欲しがる時に欲しがるだけ与えない(適度な空腹を与え、ご飯を楽しみにさせる)

【回数】1日1~2回を目安に取り入れていきます。
【時間】次の食事を取るまで2~3時間あけるように時間を決めましょう。
     大体午前10時と午後3時前後が良いですね。
【量】次の食事に響かない量を考えます。欲しがるだけ与えないよう配慮することです。
【飲料】水やお茶、牛乳と一緒がお勧めです。ジュースは糖分なので取りすぎないように
【お菓子】食品添加物の表示を確認し、着色料や保存料、甘味料等の使用があるかもチェックします。           
      塩分や香辛料などの強いお菓子も気をつけましょう。

 

子供にとっておやつは楽しみな時間です。
適量は一日の栄養量の10%~20%ですのでその日の活動量や食事量から判断し
取りすぎたりしないよう注意していきましょう。

 

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page