幼児の知育を伸ばす遊びとは?

LINEで送る

幼児がお絵かきしている巷には「知育玩具」と名のつくものがあふれ、
「脳トレ」という言葉が注目されるなど、
幼児の知育をいかに伸ばすかが重要視されています。
しかし、最も知育を伸ばすことができるのは、日常の遊びにあります。

今回は、幼児の知育を伸ばす遊びをご紹介します。

幼児の知育を伸ばす遊びとは?

幼児の知育のためのおもちゃやドリルなどは沢山ありますが、
どれだけ高価なものであっても、
どれほど口コミでの評価が良いものであっても、
子供がそれにそっぽを向いてしまっては意味がありません。

子供が興味を持つような遊びをさせてあげましょう。

オススメは指先を使った遊び

指先は脳の神経に直結しています。
ですから、指先を使えば使うほど脳は発達するのです。

例えば、細かなビーズを決められた順番に、
並べようとするとても単純な作業であっても、
子供の小さな脳はフル回転するのです。

最高の知育は自然体験

自然の植物や動物に触れることは、五感をフル回転させるいい機会です。
自然の匂いやその肌触りなどは、感覚として体に刻み込まれ、
実体験を通して様々なことを知ることができるのです。

また、子供の頃の実体験が多い大人は、
何事にも意欲的に行動するというデータも示されています。

つまり、脳の動きを活性化させるためには、
子供の興味を親が把握することが大切なのです。

私たち大人ができる事とは?

とにかく「コミュニケーション」をとる

テレビに子守りをさせているばかりではなく、
子供と触れ合い、コミュニケーションをとることが大切です。

幼児が質問を投げかけて、大人が応える。
こういった双方向のやり取りが、
子供のイマジネーションや感覚を伸ばすのです。

積極的に外に連れ出す

「知育」だからといって、
ドリルや教材ビデオなどばかりを与えるばかりではよくありません。
頭だけではなく、体を動かすことも大切なのです。

外に出てその五感を使って実体験を積み重ねることで、
心身ともに健康な子供に育てることができます。

最後に・・・

知育玩具や教材に頼るばかりでは、
子供の知能は一向に伸びません。
コミュニケーションや体験を通して
全身をフルに使うことが、最もいい「知育」なのです。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page