幼児とテレビの影響

LINEで送る

幼児とテレビの影響昔、テレビは一家に一台という環境で、

利用される事が多かったと思います。

それが現在では、テレビを一人に一台という環境で、

利用する家庭が増えてきています。

このような現状なので、幼児がテレビに接する機会も昔より増えてきています。

今回は幼児とテレビの影響について考えてみたいと思います。

 

テレビからの影響

内容は関係ない?

幼児がテレビの内容に、強く影響されると考えていませんか?

暴力的な番組を見ることで、暴力的になる傾向になると思ったり、

良質な教育番組を見ることで、良い影響を与えると思う人もいるかもしれません。

ですが、番組の内容はどのような種類の物だとしても、あまり関係はありません。

幼児とテレビの影響を考えた時、

実は、テレビに晒されている時間が問題となります。

 

発達の遅れ

テレビを長時間視聴している幼児は、

言葉の発達が乏しくなったり、社会性の遅れが見られます。

例え、幼児の為にテレビを点けている訳ではなく、

ただテレビを映しっぱなしにしているだけという環境でも同じ事が言えます。

1日8時間ほど、テレビを見ている幼児は、

テレビを見ていない幼児より、

意味のある言葉を発するまでに、

遅れが出るという研究結果も出ています。

 

幼児期は成長に関わる時期

子供の脳は幼児期に急速に発達をします。

その時期に、テレビやビデオなどの強力な影響力を持つものを、

長時間視聴する事で、悪影響を受けるのです。

乳幼児期は、人間として成長する上で、とても重要な時期です。

テレビが点いていると、常に視覚や聴覚が反応します。

このために、周囲の人間の顔や声などの情報が入りずらくなるのです。

人とのコミュニケーションで、子供は徐々に発達していきます。

この時期に、人と関わりを持たなくなるということは、

どんな悪影響が及ぼされるか容易に想像できることでしょう。

 

 

例え、視聴時に親が説明してあげたり、

幼児の反応に応答するなどの関わりを持ったとしても、

長時間の視聴による、幼児へのテレビの悪影響は計り知れません。

親子で、一緒にテレビを見ていたとしても、

コミュニケーションが少なくなる傾向があるためです。

家事で忙しい日もあれば、働きに出る日もあると思います。

そんな中でも、なるべく幼児とテレビの接する時間を短くしてあげるようにしてあげて下さい。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page